少年が犯罪を犯してしまった場合には、少年法により成人の場合と異なる扱いをされる事になります。

 

これは少年は身体的精神的に発達途上であるため、更正して将来社会人として活躍する事が十分に見込まれるためです。

 

そしてその処遇により更正に大きな影響を与える事になります。
そして、そういった犯罪を犯してしまった少年の更生に関わる仕事をするのが法務教官です。

 

これは国家公務員としての身分を持ち、試験に合格した人の中から採用されます。通常の公務員であれば、筆記試験と面接などの人物試験が課せられますが、少年院などの刑事施設で働くため護身術なども必要になります。

 

そのため採用後にそういった護身術などを身に付ける機会が設けられています。

 

また発達途上の少年を更正させるという仕事内容から、心理学などに関しても学ぶ必要があります。

 

そしてそういった知識を十分に活用することで、罪を犯した少年を更正させて二度と犯罪を犯さないようにさせるという大切な役割を果たす仕事です。
また採用後退職まで一貫してこの職に就くケースの他に、法務省の職員として採用されたキャリア官僚やノンキャリアの官僚が人事異動などで数年程度この仕事を行う場合もあります。

 

 

法務教官になるために必要なもの

 

犯罪を犯した少年・少女の更生に携わる仕事をしたいと考えている場合には、国家公務員試験や法務省で行っている専門職員の採用試験に合格し、法務省所属の職員に採用された上で、少年院や少年鑑別所などの矯正施設に採用・配属されなければなりません。

 

この採用試験は受けられる年齢に制限はありますが、それ以外に特別な条件はなく、試験対策や面接対策をして試験に合格すれば採用されて仕事に就くことができます。

 

しかし、仕事をするにあたり取得しておくと役に立つものはいくつかあります。

 

 

例えば、外国語を勉強して語学系の検定に合格していると、矯正施設に外国人の少年・少女がやってきた場合に、その人と母国語でコミュニケーションをとりやすくなります。

 

また、少年・少女の更生は、その人の境遇、犯罪に至った背景、犯罪の原因などを見極めた上で計画的に行われるため、心理学、特に少年・少女の心理について勉強をしていれば仕事をする上で役に立つでしょう。

 

臨床心理士などの心理学が関係する資格を取得しておくのも良いかもしれません。

 

心理学以外にも、教育学や社会学を学ぶことも少年・少女の更生に携わる仕事をする際に役立ちます。

 

これは少年院に配属された場合に、収容されている少年・少女を更生させるための教育を担当することになるためです。

gf1940124430m