‘未分類’ カテゴリー

使用上の注意点

観葉植物02エッセンシャルオイルは様々な果実や植物を圧搾法、蒸留法などによって抽出している大変高濃度な液体です。
ですから、熱であぶり、気化させるだけでも心地よい香りを放ちリラックス効果をもたらしたり、集中力を高めたりというように人の神経に大きく役立ちます。
しかし、これだけ濃度の高い成分ですから使用する際に注意すべき事ももちろんあります。
例えば、様々なエッセンシャルオイルをブレンドして作られたボディオイルなどが市販されていますが、それは特別な知識を持った人が肌に安全である濃度で薄めた上で販売しているわけですから、自分のだいたいの感覚でブレンドすると危険です。
あまり濃度の高いものを肌に塗布すると、場合によってはアレルギーを起こすこともありますし、肌が荒れるのはかなり高い可能性をして考えられます。
また、柑橘系のグレープフルーツやレモンなどのエッセンシャルオイルは、光に当たることによって反応を起こし、軽いやけどのような状態になってしまう恐れもありますから、それを塗布した状態で肌を露出して外出するのは避けるべきでしょう。
妊娠中、病中病後の使用ですが、これは特に問題ありません。
どんな状態であれ、使用時の濃度を厳守すれば安心して使えます。

購入時の注意点

さて、女性にとって化粧品は毎日の生活に欠かせないものの一つです。しかし、敏感肌でデリケートな肌を持つ人にとっては、化粧品選びは非常に注意しなくてはいけない買い物の一つで、肌荒れなどを引き起こさないためにも購入には細心の注意を払わなければいけません。しかし、新しい気になる製品が売り出されていたら、試してみたいと思うのが人情というものですね。
しかし、最近はある程度高価なものでなければ、試供品などの提供が新製品に付いていないこともあり、試供品がついてこない化粧品に関しては大変に気を使うものです。
そんな時にトライしたい化粧品の買い物の方法は、これは良いなと思ったものでも、大人買いなどはせずにほんの少量だけを購入し、まずは一週間ほど試してみることです。そして一週間その新しい化粧品を試したあと、肌に問題がなければ、一月は最低試して経過を見てみましょう。そして一月が経過したあとなんの問題もなければ、その製品は引き続き使用しても問題のないものと判断して、自分の化粧品ラインナップに加えても良いものとして、購入を継続してもよいでしょう。
また最近は、化粧品のモニターなどでデリケートな肌を持つ人のモニターを募集しています。これらのモニター制度などを上手に利用することでも、あなたに一番合った化粧品を見つけ出すことができることに役立ちます。

ジャスモン酸メチル系の香料

ジャスミンの香りの主な成分となるのが、ジャスモン酸メチルと呼ばれる成分です。
その中でも、ジャスミンらしさを演出するのが、独特な香りを持つcis-ジャスモンと呼ばれる成分です。
しかしcis-ジャスモンは、そう簡単に抽出する事が出来ません。
何故なら、cis-ジャスモンを抽出してエッセンシャルオイルを作るには、ジャスミンの花から抽出し、精製する以外の方法がないからです。
その為、cis-ジャスモンを主な原料とするエッセンシャルオイルは、手間がかかる分、非常に高価です。
その点、ジャスモン酸メチル系と呼ばれる成分は、工業的に生産方法が確立されている成分です。
化学成分を合成する事で、このジャスモン酸メチル系は作られており、大変安価であるのが特徴です。
その為、安価で販売されているジャスミンのエッセンシャルオイルは、ジャスモン酸メチル系が使われていると判断出来ます。
しかも手に入りやすいので、日常使いには持ってこいと言えるでしょう。
ただし、本格的なジャスミンの香りを楽しみたいという人にとっては、物足りなく感じてしまう事でしょう。
そこで、使用されているのが香料なのかどうかを、確認してから購入する事をオススメします。

オススメのエッセンシャルオイルのブレンドについて

葉01甘くて深い上品な香りでリラックスしながらお肌のアンチエイジングも狙えるブレンドです。
この香りは長くゆっくり上品に香りますので、瞑想しながらやストレッチしながらなどが特におすすめです。
まずベースになるのは、甘く深いウッディ系の香りのする「サンダルウッド」。白檀の名前で知られていますがこのオイルには漢方薬にも負けないくらい沢山の効能があります。肌の調子を整えるだけでなく泌尿器系や呼吸器系の不調の改善、また血液循環を良くする効果もある為、冷え性の方にもおすすめです。風邪などに気を付けないといけない時期にもおすすめです。
次に「ローズウッド」です。バラとは違う植物ですがローズのような香りがすることからその名が付きました。少しスパイシーで深みのあるウッディー系のこのオイルは、身体の免疫力を高めたり細胞の活性化に働きかけてくれます。
最後に「ローズオットー」はダマスクローズとも言われ、華やかで上品な強い香りがします。希少価値が高く「精油の女王」とも言われているのオイルです。最近ではこのダマスクローズを使った「体の中から香る香水」というサプリメントも人気がありますね。
このオイルはホルモンバランスを整え、心を明るくし、お肌を若返らせる効能があります。まさに女性のためのオイルです。
基本的にはこの3種類を「サンダルウッド:ローズウッド:ローズオットー=3:2:1」の割合でブレンドするのがおすすめです。
深く甘い上品な香りで年齢に負けない美魔女になりましょう。

お肌への効果

お肌は、紫外線、大気汚染、急激な温度差、ストレスなどに日々さらされています。これらは乾燥や肌荒れなどを引き起こす原因になります。こういったトラブルに悩まされている人は、エモリエントの美容液やクリームなどを使用することで、皮膚に栄養分が与えられるとともに、水分蒸散を抑えてうるおいを保ち、さらに皮膚を柔らかくすることができます。
皮膚の表面になめらかに伸び、皮膚から水分を蒸散させない油溶性の成分を「エモリエント剤」と呼ぶこともあります。「天然油脂」「長鎖脂肪酸」、「脂肪酸エステル」、「ラノリン」、「リン脂質」などがこれに当てはまります。保湿物質は水に溶けやすい性質ですが、エモリエントは水に溶けにくい性質です。
葉02お肌の美しさのすべての源は、何といってもうるおいです。これらの美容液やクリームなどを使うと、肌にうるおいが与えられ、しっとり、ふっくらした肌へと導きます。水の上に膜を張って、水分を逃がさないように薄いベールで覆い、まるでバリアのような働きをしてくれます。そのため、持続性の高い優れた保湿効果を発揮するのです。
主に化粧水などでお肌を整えた後に使用しますが、その際にマッサージをするとより効果的です。

体への効果

生理痛やPMSなど、女性は婦人科系の不調に悩まされる事が多くありますが、これらはホルモンが大きく関わっていますから、痛み止めなどの医薬品では一時的な対処しか出来ず、結局また次の生理で同じ症状が起きてしまうという繰り返しです。
ですから、日頃の生活においてホルモンバランスの改善を図る必要があるのですが、ここで役立つのがアロマテラピーです。
そもそも女性ホルモンは神経と大きく関わりがあり、ストレスなどで神経がおかしくなるとホルモンの分泌量も正常ではなくなり、婦人科系の不調をもたらすのです。
マタニティーブルーは、これが顕著に表れた症状で、ホルモンバランスの崩れによって心の病を引き起こしているのです。
アロマテラピーで使われるエッセンシャルオイルは古くから神経に働きかけるものとして親しまれてきました。
ですから、香りによって脳神経をリラックスさせる事によって、ホルモンバランスを始め身体全体のバランスを整えて女性特有の不調も改善してくれます。
ゼラニウムという植物のエッセンシャルオイルがありますが、この成分は生理痛を和らげる効果を持っています。
心をリラックスさせるために、ラベンダーをブレンドして相乗効果を狙うのもよいでしょう。

心への効果

人間は美容によって外見が綺麗になると心に自信が湧いてくるものです。自分に自信が持てるようになれば何事にもチャレンジする勇気が湧いてきます。それは多幸感とともに高まってきます。人との交流も好きになり、それがますます相乗効果で心にリラックス感を与えてくれることでしょう。美容は何も外見だけに効果があるのではないのです。自分に自信をつけることによってより広大な領域に自分の可能性を広げることに主眼があるとさえ言われています。テレビで整形手術により表情が明るくなった人たちも、それにより自分の人生が豊かになっていくことへの希望に満ちています。またいつまでも若々しく居るためには何としても心の健康・充実が不可欠です。そのために美容によって外見が綺麗になると外で活動するのも楽しくなってより良い効果を人生に与えることでしょう。そして「積極性」を身に付けることであらゆる人生のチャンスを見逃すことなく、常に臨戦態勢で人生に挑めることも大いに魅力的で成功への道程となるでしょう。また人生にはリラックスすることが大きな役割を果たします。リラックスすることで脳が休息され次の行動に迅速に移れるからです。だから美容の効果は様々に及ぶのです。

主な芳香成分と作用について

芳香成分としまして酢酸ベンジルが挙げられるのですが、この成分はジャスミンなどに含まれる甘い香りとしても有名で、作用としては興奮を誘引するとされております。またこの酢酸ベンジルは蜂のフェロモン様成分としても知られておりまして、蜂を捕獲する際に使用されることがあるとされております。取り扱いの注意点としましては、樹脂およびプラスチック類を溶かしてしまう性質を有しておりますので、容器には細心の注意が必要となります。フィトール観葉植物03は精油の芳香成分の一種となりジャスミンから採取される成分となります。分類としましてはジテルペンアルコール類に属するものであり、特徴としましてエストロゲン様の作用を有しているとされております。この作用を持つことからホルモンをコントロールしたいと考える際に利用されるのですが、少量でも非常に作用が強いとされておりますので使用量に注意が必要になります。ジャスモンもジャスミンから採取される芳香成分であり、ケトン類に属するものとされております。ジャスミンの精油による効能としましては、精神面における効能としましてドーパミンの分泌を活性化する機能を有しており、リラックス効果や不安感を取り除く効果が期待されております。

歴史とその使われ方

}PgžxQエッセンシャルオイルの起源は、今から何千年も前の古代エジプトにさかのぼります。その頃は、神へのお供え物を捧げる儀式や、死者を弔う儀式に使われたり、病人の治療薬として用いられていました。それから時を経て、今から二千年ほど昔のエジプト王国の女王クレオパトラは、男性を虜にする媚薬としてエッセンシャルオイルを用いたそうです。彼女の名前は、あと1センチ鼻が低ければ歴史が変わっていた、との言葉でよく知られています。当時世界の中心だったローマ帝国を代表する二人の武将、アントニウスとシーザーを手玉に取ったことからも、絶世の美女として知られているクレオパトラですが、実際の彼女はそれほど優れた容姿の持ち主ではなかったとも言われています。ただし、顔つきの整った美人ではなかったにしても、自分を美しく見せる手段はよく心得た人物だったようです。彼女はバラの花が大のお気に入りで、部屋には床から50センチもバラを敷き詰めていたそうです。それだけ大量のバラに囲まれれば、室内はバラの芳香で溢れかえるばかりだったでしょう。高貴で華やかな香りを漂わせた女性を見れば、だれもが絶世の美女と思い込むのも当然かもしれません。美しさは、香りによってもつくられるものといえますね。