主な芳香成分と作用について

芳香成分としまして酢酸ベンジルが挙げられるのですが、この成分はジャスミンなどに含まれる甘い香りとしても有名で、作用としては興奮を誘引するとされております。またこの酢酸ベンジルは蜂のフェロモン様成分としても知られておりまして、蜂を捕獲する際に使用されることがあるとされております。取り扱いの注意点としましては、樹脂およびプラスチック類を溶かしてしまう性質を有しておりますので、容器には細心の注意が必要となります。フィトール観葉植物03は精油の芳香成分の一種となりジャスミンから採取される成分となります。分類としましてはジテルペンアルコール類に属するものであり、特徴としましてエストロゲン様の作用を有しているとされております。この作用を持つことからホルモンをコントロールしたいと考える際に利用されるのですが、少量でも非常に作用が強いとされておりますので使用量に注意が必要になります。ジャスモンもジャスミンから採取される芳香成分であり、ケトン類に属するものとされております。ジャスミンの精油による効能としましては、精神面における効能としましてドーパミンの分泌を活性化する機能を有しており、リラックス効果や不安感を取り除く効果が期待されております。

コメントは受け付けていません。