ジャスモン酸メチル系の香料

ジャスミンの香りの主な成分となるのが、ジャスモン酸メチルと呼ばれる成分です。
その中でも、ジャスミンらしさを演出するのが、独特な香りを持つcis-ジャスモンと呼ばれる成分です。
しかしcis-ジャスモンは、そう簡単に抽出する事が出来ません。
何故なら、cis-ジャスモンを抽出してエッセンシャルオイルを作るには、ジャスミンの花から抽出し、精製する以外の方法がないからです。
その為、cis-ジャスモンを主な原料とするエッセンシャルオイルは、手間がかかる分、非常に高価です。
その点、ジャスモン酸メチル系と呼ばれる成分は、工業的に生産方法が確立されている成分です。
化学成分を合成する事で、このジャスモン酸メチル系は作られており、大変安価であるのが特徴です。
その為、安価で販売されているジャスミンのエッセンシャルオイルは、ジャスモン酸メチル系が使われていると判断出来ます。
しかも手に入りやすいので、日常使いには持ってこいと言えるでしょう。
ただし、本格的なジャスミンの香りを楽しみたいという人にとっては、物足りなく感じてしまう事でしょう。
そこで、使用されているのが香料なのかどうかを、確認してから購入する事をオススメします。

コメントは受け付けていません。